スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
良くなる会社のリーダーシップ
先日2006/12/19(火)に
ジェイカレッジの第21回目のセミナーに行って来ました

開始前にジェイカレッジ校長の松山さん
Q&Aで5秒以上間が空くと場が白けてしまうから
協力してくださいという内容のことを言っていました

なるほどなぁ~と、一応メモ。

では、セミナーの内容です

タイトル:「良くなる会社のリーダーシップ」
講演者:宋文洲さん(ソフトブレーンの創業者)

・リーダーシップ以前に、個として自立していることが大前提
 →おこづかい制など、家でもサラリーマンなんて論外
  自己責任
  自分で決められるはず

・リーダーシップは、トップレベルに求められているものと、
 中間管理職に求められているものとで異なる

 トップレベルのリーダーシップは難しくても
 管理職レベルは個の基本

・良くない会社の管理職はトップから見て
 動かない
 なかなか変わらない

・リーダーは、確たる目標を持ち、
 精神論ではなく具体論を語れなければならない

 ただし、言うだけではひとに認められない
 進んで責任を取る

・「部下達に楽をさせながら業績を上げる」という
 マネジメントを行なうことが本当のリーダーシップ

・具体論に基づき、測定可能な指標を定めることが重要で、
 進捗管理や達成未達成もわかりやすくなる

 製造業では常識だが、管理ではまだ十分に行なわれていない

・偉い人というのは、外国では偉大な人(Great!)を意味するが
 日本では単に立場のことを意味する

 本来、上司と部下、夫婦、といったものは対等の関係

 内実伴わないのに偉ぶる
 →意見を言いにくい
  (反対意見が重要)

・リーダーシップでは、部下に意見を言わせることが重要
 確たる目標を持ち、
 異なる意見を戦わせ結論が出るまで待つような
 強い意志と忍耐を持つ
 それが、本当のボトムアップでありリーダーシップ

・お客様の満足は、サービスの初めから終わりまでの
 一連のプロセスで成り立っている

 個々の部署の努力ではない
 (→精神論ではない)

・気づきは変わるきっかけ
 気づきの2種類は
 ① 信じていたことと現実が違うとき
 ② 頭を使って考えたとき

・ホワイトカラーの改革は誰かのせいにせず皆で行う
 「気づき」がないとできない

・トヨタでは、「Why?」を5回繰り返す
 コンサルティングでも「Why?」
 →「わからない」ところが出口
 →わかるひとに訊く
 →矛盾=気づき

・コンサルタントは、客の仕事を増やしている
 →時間を削る提案から行なうべき
  合理化・効率化といったことはマイナスに捉えられがち
  何かを勧めるよりも何かをやめさせることが大事

・戦略とは、戦いを略すと書くように
 やめることを決めること
 →戦略では「楽してもうけること」を考える
  ただし、戦略とはリーダーが言うものであり
  部下が言うことではない
  (部下が行動を勝手にやめては困る)

・日本人は近道嫌い
 →遠回りが好きですか?

・リーダーシップのない上司がいたら
 自分自身が上司兼部下となり好き勝手にすればいい
 →上司が文句を言うなら判断を仰げばいい
  (どうせ判断できない)

・問題のある上司の下で我慢するのはせいぜい3ヶ月
 他部署(もしくは他社)に移るべき
 それ以上我慢するなら自己責任
 →社員がやめない(異動しない)から
  悪い状況が続いてしまう
  人材流度が低いのは日本の問題の一つ

・残業の多い会社で、
 残業1時間ごとに作業内容を報告させたら
 残業がほとんどなくなったという事例がある

#########################

といった感じの内容でした
(話の順番や多少誤解があるかも知れません)

他にも
創造マラソンの淺田さんとお会いできました

いつもと違う世界に
踏み出した自分がいることに感謝

ここで思うのは
私たちがこうやって会社のあり方を考えるということは
地球規模で、もしくはこれからも続く歴史の中で、
どういった意味があるのだろうかということです

今苦しんでいる(もしくは将来苦しむ)人々にとって
私たちの学びはどのような意味合いがあるのでしょうか

そこを詰めないと
ただのお勉強会になってしまって
自己満足とも取られかねません

わたしたちがより早くより豊かになり
現在および未来に対して
意義あることを行なっていくには

セミナーでも言われていましたが
個の自立を前提として
各々がリーダーシップを
発揮していかなければいけないのではないでしょうか

確たる目標を持ち
達成のための具体的な方法を決定し
測定可能な指標を設定し
進捗管理やフィードバックを行ない

自分が関わる人々にできるだけ楽をさせながら
自分だけではなく現在・未来という概念そのものを
より豊かにしていくことが大事なのだと思います

すこしだけつかめそうな気がします
かすった?感じです
具体論まではもう少し
でもイメージがちょっとだけ具体化された気がします

終了後にセミナーの時間に間に合わなかった友人に
セミナーの概要を伝えたり
投資について簡単な説明をしたりしてから帰りました

充実した日になりました

いい日にできたことを
すべてに感謝します
スポンサーサイト

テーマ:学び - ジャンル:ライフ

【 2006/12/23 15:06 】

| 思想 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<FXの現在ポジション | ホーム | FXの現在ポジション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rankuplife.blog80.fc2.com/tb.php/78-bd068c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。