スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
哺乳瓶のおすすめ品
こんにちは、妻のnaoです。

哺乳瓶について私が使った感想を書こうと思います。

生まれてすぐは、出産した病院にもらった100ml用の哺乳瓶(製薬会社の販促品かと思われる)を使いました。
出産して5日間は、病院でお乳やミルクをあげる練習をするわけですが、その時使っていた哺乳瓶がその100ml用だったわけです。

私は生まれる前に急いで哺乳瓶を買ったりしたわけですが、もしかしたら病院でいただける可能性もあるので、そんなに急ぐこともないかも知れません。

うちの娘には100mlが飲めるようになって次に試したのがピジョンの哺乳瓶

そして母乳実感の哺乳瓶


私は混合でやっているので、哺乳瓶選びは大切でした。
もし哺乳瓶を嫌えば、出ない母乳をつらい思いをしてあげなければいけないし、哺乳瓶ばかりが好きになって、母乳を嫌うと、母乳は余計でなくなる。
母乳を飲むし、哺乳瓶も飲むという状態にするには、できるだけ人間の乳首に近い哺乳瓶にする必要がありました。

うちの娘は最初、ピジョンの哺乳瓶で飲んで母乳実感では飲みませんでした。

最初に飲んでいた、病院でもらった哺乳瓶の乳首の感覚とピジョンの哺乳瓶の乳首の感覚が似ていたんでしょうか。
もしくは、ピジョンの乳首は細いので、飲みやすかったのかもしれません。
母乳実感は、結構乳首が大きいので、0ヶ月の間は難しいのかも知れません。

でも、あきらめず母乳実感の方を試していたら、生後1ヶ月くらいで母乳実感でも飲めるようになりました。

いろいろな哺乳瓶で飲んでいると混乱するといけないので、母乳実感だけで今は飲んでおります。

母乳実感はママの乳首に感覚が似ているらしいので、混合の方や、母乳のみにしていきたいママにはぴったりです。

哺乳瓶にはガラスとプラスチックがありますがどのように選んだらいいか??

私なりの考えを言いますとガラスは長く使えて(2人目とかにも使える)、熱いミルクがすぐに冷めるという利点があります。
赤ちゃんが泣いている時、熱いミルクがすぐに飲みやすい温度になるのは非常にありがたいです。

プラスチックは軽いので、持ち運びに便利で、冷めにくいです。
ミルクの時間が1時間後くらいで、お出かけしなければいけないという時、とっても便利です。
熱湯でミルクを作っておけば、1時間後くらいにちょうど適温になるので、水筒を持ち歩かなくてすみます。
あと、軽いので赤ちゃんが自分で持ちやすいというのもあります。
ただ、2人目まで寿命がもつか疑問です。

わが家は160ml用は、ガラス、プラスチック両方持っていて使い分けてます。
240ml用はプラスチックのみ購入しました。
ガラスはすぐに冷えるし、もし160mlで足りなくても、またすぐに作れますので。
それより外出先のようなすぐに作れない場所だと、やはり持ち運び便利なプラスチックで、容量が多いのを持っていたほうが安心できますよね。

哺乳瓶を選ぶポイントはこんな感じだと思います。
お役に立てればいいです^^
スポンサーサイト

テーマ:オススメ★Baby&Kids用品♪♪ - ジャンル:育児

【 2007/01/27 08:19 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<FXの現在ポジション | ホーム | FXの現在ポジション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rankuplife.blog80.fc2.com/tb.php/110-dd75f0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。