スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
二人目出産
妻のnaoです。

ブログの更新が滞っている間に、私は妊娠、そして出産してしまいました!!

二人目の妊娠は、それはそれは大変なものでした。

一人目が1歳になったばかりに妊娠発覚

つわりの時期は確かに吐き気と怪獣(1歳児)との闘いでしたが、一人目よりはつわりは弱かったです。
それが原因でぐぐっと体重も増えましたが。

妊娠時期が冬だったせいか、子どもが何回も風邪を引き、私もその度にうつる有様。
ノロまでかかりました。
育児との両立の無理がたたってか、お腹は張りやすく、子宮頚管も短かったため、安静。
しかし安静でいられるわけもない。

35週の検診で、推定体重が1800gしかなかったので、絶対に生まれないように安静と言われたのに、3日後破水。

36週0日の日。
夜中に破水して入院した時点では、ウテメリンを点滴され、切迫早産としてとめたのにもかかわらず、朝になると、出産する方向でと、転換。

昼前には促進剤の点滴に変わったのでした。

2回目の出産は確かに短時間で簡単だったのかもしれないけど、めちゃめちゃ痛かったです。
一人目はいきみはじめて1時間くらいかかったので、産んだ後には朦朧。
でもその分、安堵の気持ちでいっぱいで、夢のようでした。

でも今回回いきんだら出ちゃったので(時間にして分)、その後ののち産、処置などが痛くて仕方なかったです。

たぶん一人目は感覚がなかったのかも。
でも2回目は、麻痺とかする暇もなく産んだので、後も痛かったです。

二人目はあれよあれよと言う間に生れてしまったので、感動も何もって感じですが、何回も書いているように、痛さだけが印象深いです。

あ、でも私はパニックになったりとか、叫ぶタイプの人ではないので、静かに産みました(笑)
陣痛にこらえてる間でも人目が気になる見栄っ張りなのです。
心の中では、こんちきしょ~と思ってましたが、産んでみたら、わが子はかわいく、最高です。

スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/04/21 14:48 】

| 妊娠 | コメント(0) | トラックバック(0) |
母子手帳をもらう前の失敗
こんにちは、妻のnaoです。

初めての妊娠が発覚すると、誰もが
「母子手帳をもらいたい」
と思うはず。

母子手帳は赤ちゃんが生まれてからも小学校に入る前くらいまで使うから大事に扱わないと。

姉の話だと、小学校低学年の授業で、自分の母子手帳を持ってくるようにと言われたらしい。
そんな時に、子どもにぼろぼろの母子手帳は持って行かせたくない。

大事に使うためにケースを購入する人も多いはず。



でも、母子手帳をもらう前にケースを買って失敗することも。

母子手帳には2種類の大きさがある。

ちなみに私の娘のは大きな母子手帳。
みんなに見せると珍しがられる。
ちなみに川崎市のものです。

小さめの母子手帳ケースを購入してしまうと入らない。



母子手帳ケース、保険証やら病院の診察券やら、乳幼児医療の助成の券やらいろいろ一緒にしておけて便利。

母子手帳の大きさを確認して、ケースを購入してみてはどうでしょう。



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/11/15 18:15 】

| 妊娠 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。